一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

狭さが気になっていた賃貸のお部屋が、不用品を処分したことでスッキリと片付き、快適に暮らせるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

狭い賃貸のお部屋も工夫次第で快適に暮らせます

現在、私が暮らしているのは、少し狭い賃貸のお部屋です。駅から歩いて10分以内の場所にありますし、セキュリティが充実しているので、毎日安心して暮らすことができるのですが、引っ越したばかりのころは狭さが気になっていたこともあるんです。私はお買い物が大好きなので、どうしても物が増えてしまいがちなので、狭い賃貸のお部屋がより狭く感じてしまったのかもしれません。でも、最近は自分なりにあれこれ工夫するようになり、狭さを感じずに、毎日快適に心地よく暮らせるようになりました。ちなみに、私が工夫したことは、お部屋の中の不用品や使っていないものを全て処分したことです。

実際にお部屋の中を片付けてみると、自分がどれだけ不要な物に囲まれて暮らしていたのかがよくわかりました。そこで、使う予定がないものを含めて、不用品を少しずつ処分していったところ、物が驚くほど少なくなって、賃貸の狭いお部屋でも狭さを感じにくくなっていきました。また、本当に必要なものや大好きな雑貨、お気に入りのインテリアに囲まれて過ごすことができ、気持ち的にも豊かになっているような気がします。以前はもっと広くて条件に合った賃貸物件があれば引っ越したいと思ったこともありましたが、今はこのお部屋に非常に満足しています。