一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸のアパートは、悩みが多いが賃貸の一軒家は、左程悩みは無く自分の家と同様に暮らしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸なら一軒家の方が良い

いつまで賃貸に住み続けるんだろうとアパートに住んでる人は思っていると思います。一軒家の賃貸だと他の人達と一つ屋根の下住んでいないので、他の入居人の騒音とかで悩んだりはしていないので、悩まずに自分の家と同様に暮らしていけるでしょう。何でもきっかけがあって次にステップが進められるので、何も変化が無いと次へのステップは難しいでしょう。ほんの少しの心境変化があるって中々あるようで無いです。一番大きいのは、子供が出来た時に大きい家に引っ越そうか。と言った話しが普通に出ると思います。が、やはり私達夫婦も子供はまだ居ません。

一軒家を購入となると荷が重いので、一軒家の賃貸に引っ越すとかだったらすんなり話しが進みそうです。やはりアパートだと先程もお話しましたが、上の人の足音だったりが凄く気になります。そうすると睡眠に神経質な私は怒りを感じてしまいます。寝れない日々が続いた時は、本気でアパートから一軒家に引越しをしようか考えた事も何度もあります。自分の家族がうるさくて寝れないとかなら、まだ注意しようがありますが、他人だしお互い結構高い家賃を払っているので注意は出来ません。なので不動産屋さんに言って伝えて貰う形を取っています。