一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸住宅情報は、地域密着型の独自情報か、ターミナル型の流通情報が良いのか、相談先に悩みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸住宅情報は流通情報か独自情報か

賃貸住宅を探すときには不動産会社が提供する情報サイトを利用したり、直接不動産会社に行って話を聞くということになりますが、ネット情報での収集でも最終は、仲介をしてもらいますから、足を運ぶことになります。不動産会社の出店というのが、電車の駅付近に必ずあるというのは、誰もが知っているっことですので、出向くのは簡単なことです。対応は、非常に丁寧で親切ですし、情報量も非常に多いけれど、他の不動産やさんでも薦められたものばかりということがあります。それが、全国のネット網でシェアされた流通情報です。だから、内容は、浅くて、広い傾向にあります。個人店舗では、地域密着型の独自情報が多く、情報量が狭い分、深くて詳しいと言えます。

どちらを利用するかに迷いがありますが、大手不動産会社でも、流通情報だけでなく、それぞれの支店が地域と密着して独自情報にも強いというところもあります。県外など、遠いところに転居する場合は、両方の性格を持つ仲介は、非常に頼りになります。また、全国展開する不動産会社や建築会社所有のハイツやアパートを望む場合は、地域密着型でないほうが、空室情報が早く、すぐに押さえることも可能です。どのような物件を望むかで、不動産会社選びも違います。