一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

住まいを借りるという選択で得る魅力は、賃貸物件が豊富にあり、どこも入ってほしいと思っているからでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸は借り手が有利な時代へ

住まいを得るということを考えたとき、持ち家派と賃貸派とに分かれます。持ち家派にとっては、毎月家賃を払い続けても、その住まいは一生自分のものにならないなんてばからしいと考えます。けれど、借りた方が気楽でいいと考える人にとって、せっせと何十年もローンを返済しながら、傷んでいく家の修繕もしていかなくてはならないくらいなら、住まいは借りておくに限るという考えになるのでしょう。実際のところ、今は物件の数よりも借り手の方が圧倒的に少ない時代ですので、よりよい物件を求めて移動することがたやすくなったと言えます。

また、家主としては何とかして空室を作りたくないため、家賃を下げてでも入ってもらう選択をします。ホテルや旅館で、空室を作るくらいなら安価に提供してでも、泊まってもらいたいと考えるのと同じです。そうなると、借り手の方が俄然有利になりますので、ますます住むところは借りるに限るという考え方になっていくのでしょう。実際、ファイナンシャルプランナーなどが試算している記事を読むと、一生涯の賃貸料の支払額は、住宅ローンの返済額よりも低いという結果も出ています。好きな街の好きな物件に暮らせるという楽しみもあり、これからはますます賃貸派が増えていきそうです。