一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸で一人暮らしする人の強い味方と言えば、インスタント食品やレトルトです。自炊をしたくない日は頼りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸で一人暮らしする人の強い味方

賃貸で一人暮らしする人の強い味方と言えば、インスタント食品やレトルトです。自炊をしたくない日は頼りましょう。ただし、毎日これらを食していてはいけません。どうしても料理を作るのが面倒、時間が無いという日だけにしましょう。また、インスタント食品やレトルトを食べる時は、栄養のことも考えることです。インスタントラーメンを食べるなら、わかめやゆで玉子をトッピングしたり、レトルトのカレーを食べる場合は、野菜サラダも一品加えるなどが大切です。インスタント食品やレトルト以外にも、納豆や卵豆腐やお惣菜などの市販品は、そのままで一品料理として献立に加えられるので重宝します。

また、冷凍食品や乾物や缶詰も非常に便利で、これらを活用すれば自炊の手間を格段に減らすことができます。こう言ったものに頼るのもいいですが、残り物をアレンジするテクを身につけるのもいい方法です。作った料理が残ったら、少しの手間を加えて見た目と味を変えて楽しみましょう。例えば、コンソメのスープが残ったら、次の日はトマトの缶詰を加えてトマトスープにしたり、パスタのミートソースはパンに塗ったりしてもおいしいです。食材を無駄にしない工夫も大事です。