一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸に入居をする際には、そのときの状況の写真などを撮って記録しておくと退去がスムーズになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸に入居する際には入居時の状況の写真を撮っておくと便利です

賃貸を契約したら入居をする前にやっておくべきことがあります。それはどのようなことかというと、その入居する前の状況を記録しておくということです。写真などを使うのが一般的で簡単な方法だと思いますが、動画などを利用するのも良いと思います。

どうしてそのようなことをする必要があるのかというと、退去をスムーズに行うためです。具体的に言うと、壁に汚れが付いていた場合などに、それが入居時から存在していれば、当然退去をする時に、その責任を負う必要はありません。しかし、何の証拠もなければお互いの主張がぶつかり合ってしまうことになります。退去する時に揉めてしまうと、それまで楽しく暮らした物件でも非常に後味の悪いものになってしまいます。ですから、気持ちよく退去をするためにも、入居直前の確認と記録という作業は非常に重要になるのです。ですから、重点的に記録しておくべきところは、汚れや破損が確認できたところです。つまり、退去時に自分の責任ではないことを主張しなければいけなくなりそうなところということです。たとえ、管理会社の人が立ち合いで目視で確認をしたとしても、退去時にお互いの記憶が一致するとは限りませんので写真などの記録を残しておくことが大切です。

おすすめ情報