一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸を探すときの予算として家賃を考える時はライフスタイルを考慮して考えた方が良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

賃貸を探すときの家賃は自分の生活を考慮して決めた方が良いです

賃貸を探すときには、先ずは自分の条件を整理することが大切です。そして、その条件の中で最も優先的に考えるべきこととしては予算があります。そして、その予算については、初期費用と毎月の費用に分けて考えた方が良いと思います。初期費用は敷金や礼金など家主側に支払うものから不動産屋に支払う仲介手数料や保険会社に支払う保険料などがあります。そして、毎月の支払いには家賃と共益費などがあります。

先ずは、初期費用に関しては、貯金の範囲で賄えることを条件として選ぶべきだと思います。学生などの場合も同じように最初に初期費用としての予算を決めて、その範囲で考えるのが良いと思います。そして、家賃と共益費ですが、これは合算した金額で考える方が良いと思います。毎月支払わなければいけないという意味では、区別をして考える意味はほとんどないからです。そして、その家賃をいくらまでに設定するのが良いのかというと、一般的には毎月の収入の3分の1を超えないこととされていますが、具体的に考える場合は自分のライフスタイルを考慮するべきだと思います。たくさんの交際費などを使う生活をしている人なら、3分の1よりも抑えることを考えるべきだと思います。