一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

大学に入学する前、初めて不動産屋で賃貸物件を探しました。女性スタッフの方が丁寧に対応してくれて嬉しかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らし賃貸への引越しのコツを紹介します。

初めて賃貸物件を探したときの思い出

私が初めて賃貸物件を探したのは、大学生になるときです。地元を離れて暮らすことになるため、大学の近くにある賃貸のお部屋を探したんです。合格が決まった後、母と一緒に大学の近くにある不動産屋さんに行って、時間をかけてお部屋を探したことをよく覚えています。お世話になった不動産屋さんのスタッフは女性の方で、同じ女性の目線に立って、大学から近い場所にある物件をたくさん紹介してくれました。女子大生でも安心して一人で暮らすことができる物件をいくつも紹介してくれて、とても有難かったです。そして、いくつかの物件の中から、希望に一番近かった物件を見学に行くことになりました。

実際にお部屋に入ってみると、想像していた以上に日当たりがよくて、明るく広いお部屋に驚きました。大学生の私が一人で暮らすには贅沢なのではないかと感じるほどのお部屋でしたが、家賃がそれほど高くなく、とてもうれしかったです。女性のスタッフの方だからこその配慮もあり、生まれて初めての賃貸物件探しは非常にスムーズに進んだことを、今でもはっきり覚えています。ちなみに、現在はインターネットで賃貸物件が探せるようになったと聞きました。自宅にいながら、自分の空いている時間にお部屋探しができるのは、非常に便利なことではないでしょうか。今後、引っ越すことがあれば、インターネットを活用してお部屋探しをしたいと思っています。